死人を弔い葬り去るステージが亡くなった人を隣に置いての財産争いの場に変貌し誰がいったい弔っているのだろうか…。

現実的に参列した人を何人か声をかけてどれくらいのスケールの葬儀式を執り行うことを選択したり、故人の思いなどを考慮して、どんなイメージの葬儀を行うかを発注します。尊い方が亡くなった事実を認めた上で故人の冥福を祈る事で参加し […]

融通念仏宗ではどちらの如来を本尊と理解してもまるごと仏様に関係するとした教えだと思いますが…。

尚且つ葬儀会場への宿泊が容易ではないとき、遠方からの参加者のホテルの準備をしたり、貸衣装や色直しなど、お葬式では様々な急遽とした問題があります。「お葬式僧侶」という言葉も「葬式・法事にしか携わらない僧侶」を揶揄した言葉遣 […]

後飾り祭壇はお葬式が終わって白木祭壇を整理した後に遺影写真・遺骨・位牌と呼ばれるものを法要まで自宅で安置してお祀りするための祭壇のことを後飾りと言います…。

斎場って言葉は本来神道の専門用語で儀式や典礼を執り行うところを意味をなしていましたが、近代葬送では、変わって集中的に葬儀式を行うことが望める施設を指します。大切だった方が亡くなったことを認めた上で亡くなった人のの霊を供養 […]

満足のいくお葬式だったと思えるようにぼんやりでも問題ないのでこんなお別れをして欲しいなぁ…。

同居していた父さんがある日突然一人でふらっと散歩に出向いてコンスタントにお葬式やお墓関連のパンフレットを持って帰宅し内容を詳しく話してくれました。仏の供養に手を付ける身内が途切れてしまうとか身寄りの人、の代行者として、菩 […]

葬儀を支度する人は遺族の代人者…。

葬式と告別式とは元来別のもので仏教のお別れの儀式では先ず初めに僧侶による読経など行い、それ以降告別式、主に喪主・家族が故人とお別れする会が、実行されています。静かでコンパクトな葬式を考えているのに派手で大きな祭壇や飾りを […]

満足できる葬儀にするためにも何となしでも良いのでお別れはこんな感じでお願いしたいなぁ…。

子供や兄弟姉妹への気持ちを伝言する帳面として、そして本人のための記録集約ノートとして、世代を問わず気楽に書き込む事が期待出来る、人生の中でも力になる帳面です。今日日はお通夜・告別式を実施しない直接火葬場で故人を納骨する『 […]