四十九日法要の時とは異なり将来的に残るもので大丈夫でしょうしその場所の慣習等によっても…。

名を惜しむ人がお亡くなりになられた事を現実として認め重要な人がこの世からいなくなったことを意識した上で供養することで集まった親族や友人と、その悲しみの共感する事で、やがて深い悲しみの心がケアされていきます。実際に来た人を […]