後飾りは葬儀が終了して白木祭壇を終結した後に遺影・遺骨・ご位牌などを和室に安置してお祀りするための祭壇のことを後飾りと言います…。

後飾りは葬儀が終了して白木祭壇を終結した後に遺影・遺骨・ご位牌などを和室に安置してお祀りするための祭壇のことを後飾りと言います。往生人の現場のすっきり大掃除、ゴミの処決などの遺品生理は、もともと家族の方の先駆するのが大衆 […]

これまでは通夜は故人の関係深い人たちが夜更けまで仏に寄り添うというのが一般的でしたが…。

いかに人から聞いたような書物に書いてあるみたいなこの点が良いとされる場所にしても常日頃お参りできない、といった配置では、意味がないと考えらえます無意味でしょう。納骨堂は各地に建立され行くのに便利な寺や喧騒から離れた、静寂 […]

親しい住職が認識がない…。

葬儀式場から弔辞を依頼した方に差し迫るまで、望まれたら微細なことまで記す事が出来るのが遺言ノートの魅力でもあります。満中陰の忌明け法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るというこ […]

終活と言われるのは次の生き方を『どのように終わりたいか』と言われる希望を実現すること…。

鮮魚や野菜とはまるで異なりシーズンがあるものではないですし全く目を通さないでとやかく考え込むより、この様に実物を見て、ご自身の好きなカラーや、石肌石目を見出してみましょう。わざわざ執筆した遺言ノートも在りかをみんな知らな […]

葬儀式を準備する人は家族名代…。

斎場とは元々古来神道の用語で典礼や儀式を行うところを定義しましたが、現時点では、変わって主に葬儀・告別式を行うことが望める施設を指します。家族の要望を叶えてくれるのは要するにお客様本位の葬儀社だといえますしこういった葬儀 […]

四十九日の忌明け法要まで使用されるのが当然にてお通夜または葬儀告別式に参加出来なかった友達や知人が…。

四十九日法要の時とは全く違って将来的に残る品でけっこうだと考えますしその場所の慣習等によっても、開きがありますので、仏具店などでお問い合わせしてみるのも仏具店などでご相談されるのも、いいんじゃないでしょうか。遺族代表は通 […]

ボリュームや種別によって信用が変化することなく葬儀社のスタンスや取り組み方電話や訪問時の対応で…。

哀悼コーナーに足を進めた参加者の方たちが○○さんはお酒を好んでとにかく飲みました、と言われるのを聞いて、ご家族はビックリされていた。葬儀と告別式とは従来別のもので仏教の考えの葬儀では第一に宗教者による読経など施し、その先 […]