法要のあいさつ

Published by: 0

法要は、仏教で故人の霊を慰め、冥福を祈り、供養する行事で、初七日以降、次ぺlジの表のように執り行われるのが本来です。

しかし、現在は初七日は葬儀後の迫骨迎えと兼ねることがほとんどです。

それ以降も省略されることが多く、ふつう搭大に行われるのは、四十九日(もしくは三十五日)の忌明けの法要(故人が成仏するとされる) 、一周忌、.三回忌くらいまでです。

施主(法要の主宰者) は親族や知人を招いて法要を営み、宴を聞きます。

都合で日を変更するときは繰り上げて早くします。

友人・知人を招くのは、三回忌までが一般的です。

忌明けには、葬儀の会葬者には、あいさつ状と供養の品を香典返しとして送ります。

神式では、法要にあたるものを霊祭といい、死後十日ごとに十日祭、二十日祭、三十日祭、凹十日祭が行われ、五十日祭を忌明けとするのが一般的です。

忌明けには神官を迎えての祭式ののち、宴席を設けます。

五十日祭以降は百日祭、一年目が一年祭、二年目が二年祭、つづいて三年祭、五年祭、十年祭となり、ごとに式年祭を行います。

キリスト教式では、死後一カ月に追悼ミサや、百天記念式を行います。

キリスト教には忌明けという考え方はありませんが、これをもって、いわゆる忌明けとし、会葬者に記念の品を送るのが一般的です。

本日は、ごていねいにご通知をいただきまして恐れ入ります。

岩崎様が亡くなられて、もう四十九日を迎えるのかと思いますと、まことに夢のようでございます。

お子様方はお元気でいらっしゃいますでしょうか。

本日は私のような者までお招きに預かり、お心づかいに感謝いたしております。

これは、心ばかりではございますが、えくださいませ。

qu供物でございます。

どうぞお供法要の受付での施主の返礼(四十九日)瓜斗本日はご多用のところお運びくださいまして、ありがとうございます。

こうして皆様においでいただき、父もあの世で、さぞ喜んでいることでしょう。

きょうはごゆっくりおくつろぎいただき、思い出話などをしていただければ、これに過ぎる幸せはございません。