はじめて葬儀を執り行う人は心配が多いと考えられますがお葬式(正確には葬儀式と言い…。

仏の経典を介して日ごとの不祥事を排除したり、幸せを希望する、あるいは、如来を通して高祖のお勤めをするのが仏壇のお役目です。一例をあげるとして葬儀会場のことにしても大きなホテルのホールがいいという要望もあれば、寺院の格式高 […]

四十九日の際とは違い後々に残るもので大丈夫だと思いますしその場所の慣習等によっても…。

お寺と関わることがなく葬式の場合に業者に僧侶を世話してもらうケースは、布施を如何程包んでいいのか不透明なので、戦慄を抱く人も多いと思います。仏事は何回も実施することじゃありませんので、把握している葬儀屋ががなくて病院から […]

葬儀を用意する方は遺族の代表者…。

本人の葬儀や葬送の手法について生前から決めておく事を願望として持つ方結婚相手と相談したりエンディングノートに書き残した人もいます。現在までは近しい人達が行動することが通俗的だったゼネラルだった遺品処理ですが、多事多忙だっ […]

お仏壇とはその名前の通り仏様結果的には如来様をお勤めする壇の事を意味しそれに加え近頃では…。

お仏壇とはその名前の通り仏様結果的には如来様をお勤めする壇の事を意味しそれに加え近頃では、死亡された肉親や、ご先祖を祀る場所と言う捉え方が、常識になってきました。葬儀告別式を計画通りに行うためにはご家族と葬儀社(葬儀社と […]

重要な祭壇(祭壇とは…。

お通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)は本来は一家が日が昇るまで仏に寄り添うのがいっぱんてきだったが、今では暮夜に終わる半通夜がポピュラーです。しかし […]

火葬にあたる仕事の人は歴史ある時代から宗教者が人々の中に入り路肩に見捨てられた死体を集め…。

仏のお参りをする残された人が失われてしまうとか親類、の代理人として、菩提寺の僧侶に任せて、故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「 […]

実際的に参列した人を何名かお呼びしてどの程度のスケールの葬儀を執り行うことを選択したり…。

実際的に参列した人を何名かお呼びしてどの程度のスケールの葬儀を執り行うことを選択したり、故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古 […]