自分のお葬式や葬送のしかたについて生きているうちに決めておく事を希望する方連れ添いと話し合いをしたりエンディングノートに記す人も増えています…。

院内で亡くなったケースでは霊安室からできるだけ早く移動を押し付けられる事も多く、お迎えのための霊柩車を準備する必需です。四十九日法要のサイトは異なって日がたっても残るもので結構だといえますし地域の慣わし等によっても、開き […]

とは言え弔辞を述べるご本人にしたら肩に力が入ることですから式中の次第に組み込まれるのであれば…。

禅宗ではどこの仏様をご本尊と考えても何もかも仏につながるとする経典ですが、死者宅で葬式を葬式をするときは、本尊様としてお軸を利用します。葬儀や仏事から諸諸の登録生活に懸かる手助けまで何から何まで受け入れされていただいてい […]

悔いを残さない葬儀を執り行うためにもうっすらとしたもので良いのでこのような葬儀にしてほしいなぁ…。

どんなに第三者から聞いたような本に記載されているようなこの点が良いとされる場所にしてもいつも手を合わせられない、といった配置では、もったいないのです効果がないと思われます。古くから用いた仏壇にはキズや汚れの張り付き木地の […]

死人を弔い葬り去るステージが亡くなった人を隣に置いての財産争いの場に変貌し誰がいったい弔っているのだろうか…。

現実的に参列した人を何人か声をかけてどれくらいのスケールの葬儀式を執り行うことを選択したり、故人の思いなどを考慮して、どんなイメージの葬儀を行うかを発注します。尊い方が亡くなった事実を認めた上で故人の冥福を祈る事で参加し […]

融通念仏宗ではどちらの如来を本尊と理解してもまるごと仏様に関係するとした教えだと思いますが…。

尚且つ葬儀会場への宿泊が容易ではないとき、遠方からの参加者のホテルの準備をしたり、貸衣装や色直しなど、お葬式では様々な急遽とした問題があります。「お葬式僧侶」という言葉も「葬式・法事にしか携わらない僧侶」を揶揄した言葉遣 […]